ニュースキンで借金300万以上を抱えた男の返済記録&独白記録

ニュースキンというマルチ商法にハマり正社員から派遣社員に転落、借金も抱えた男がなぜこんな状態になったのかをお話していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営者?登場パート2

「経営者?登場パート1」の続きです。


『金持ち父さん貧乏父さん』って本読んだことあるかな?」
金持父さん貧乏父さんの本



私が以前勤めていたブラック企業は、実は様々な投資関連の商品を扱う会社でした。
その時に投資の勉強するために買った本の中の一つに『金持ち父さん貧乏父さん』があり、読んだことがありました。
私は読んだことがありますと、中島さんに答えます。



「それなら話は早いね」


中島さんはそう言ってノートに何かを書き込み始めます。
先ほど『普通の人』『お金持ち』と書かれた下に十字の線を引き、左上にE、左下にS、右上にB、右下にIと書き込みました。

ESBIクワドラント

「金持ち父さん貧乏父さんの本を読んだことがあるなら、この図って見たことあるよね?」


中島さんの言葉にうなずきます。


「せんどう君は読んだことがあるってことだから、復習になるかもしれないけど世の中の人たちはこの四つのクワドラントに分類されているということを知っておくのはとても重要なので、一から説明させてもらうね」

「まずEだけど、Employeeという言葉の頭文字で意味は雇われとか従業員とかだね。サラリーマンとか派遣社員、パートアルバイトなんかはみんなここに分類されてる」

「次にSだけど、これはSelf-Employedという言葉の頭文字で直訳すると自分で自分を雇うという事になるけど、これは要するに自営業のことなんだ。せんどう君が目指しているカフェで開業というのもここに分類される」

「その次がBで、これはBusiness Ownerという言葉の頭文字で自分のビジネスを持っている人という事になるんだけど、Sのクワドラントと違うのは自分自身が働くのではなく、人やモノ、お金に働いて貰ってそこから生まれた利益の一部を得る権利を持っている人たちがこのBに分類される人たちなんだ」
「例えばコンビニのフランチャイズなんかが分かりやすいかな。コンビニの店長はSに分類される自営業になるのでBではない。じゃあBにいる人たちは誰かと言えばコンビニのフランチャイズを管理している本部がこのBに分類される人だと言える。詳しくはまた後で説明するね」

「最後にIだけど、これはInvestorという言葉の頭文字なんだ。これは投資家を意味する言葉だね。意味もそのままでお金を色々なものに投資して、そこから利益を得ている人たちのことだね」


そこで一度話を区切ると、私が理解出来ているのかを確認するように中島さんは少し間を置きます。
そしてESBIの図の上に書かれている『普通の人』と『お金持ち』をそれぞれ指さします。



「さっき普通の人は95%で、お金持ちは5%っていう話をしたよね。これをこのESBIそれぞれに振り分けると、Eが約80%でSが約15%、Bが約4%でIが約1%という振り分けになるんだ」


そう言うと、中島さんはノートに大きくZの文字を書き、Zの空白部分にそれぞれ『お金』『時間』と書き込みました。
Zの法則


「これはZの法則というのを表した図なんだけど、EとSに分類される人たちはこの法則に支配されている」
「どういう事かと言えば、EやSに分類される人たちというのは時間を切り売りすることでお金を得ている。自分自身が働くことでお金を得ている人たちだから、お金を沢山得ようと思って沢山働くと自由になる時間がどんどん減っていく。逆に自由な時間が欲しいと思ってあまり働かなかったら今度はお金がどんどん減っていく。お金と時間の両方を得ることは出来ないどちらかだけしか得ることが出来ない法則に支配されている人達ということなんだ」



言われてみれば、確かに時給で働いている限りはこの通りだなとなんとなく私は理解します。


「さらにこのZの法則に支配されている人たちは、どれだけ頑張ってもある一定量より収入を増やすことが出来ない。なぜなら一日は24時間、一年は365日という様に時間は決まっている。例えば時給が1000円だと言うなら、一日24時間×1000円=24000円が一日にもらえるお給料の上限なんだ。せんどう君だけ一日25時間だったり26時間だったりしないよね?つまり、一日の時間が決まっている以上どれだけ頑張っても一日24000円以上貰うことは出来ない」
「それに不眠不休で働き続けるなんてことも不可能だから、実際にはどれだけ頑張ってももっと少なくなるよね。だからEとSに分類される人はお金持ちではなく普通の人に分類されるんだよ」


「だからね、せんどう君。実のところいきなりカフェで開業することはおススメしない。カフェを開業するのはもちろん良いんだけれど、それよりも先にまずBやIに分類されるお金持ちになることを目指した方がいい。それはなぜかをこれから説明させて貰うね」


次回に続きます

-----------------------------------
どうも。

ニュースキン借金300万作った男、せんどうみつるです。

今回出てきた『金持ち父さん貧乏父さん』という本自体は、勉強になることも書いてあります。
なので、決してこの本が悪いというわけではないのですが、マルチ商法を賞賛しているように取れる内容とサラリーマンで働くことがバカらしくなるようなことも書かれているので、読むなとは言いませんが読むとしても全部を鵜呑みにはしないように注意が必要です。




今回のワンポイントチェック

確かにサラリーマンや自営業者はZの法則に『ある程度』支配されています。ですが、実際には会社の業績次第ではボーナスが出ることもありますし、自営業であれば予想外の大きな注文が入り一気に稼げることもあります。

さらに、お金と時間だけで物事を考えていますが、そもそも『仕事を好きでやりがいを持ってやっている人』だって沢山いるのです。
当時の私は仕事にやりがいを感じていなかった為に、ニュースキンにひっかかりましたがお金と時間だけが仕事を決める要素ではない、成功を決める要素ではないことを思い出して冷静に考えるようにして下さい。

家族に喜んでもらえるのか、お客さんに喜んでもらえるのか、友達に胸を張って言えるのか、自分自身が楽しくやりがいを持って出来る仕事なのか……。
こういった事を思い出して下さい。

それを忘れると、お金を儲けて自由な時間を得ることばかりに意識がいくようになってしまいます。
今回のようにニュースキンの会員は巧みに話をして相手の思考を誘導し、成功はお金と自由な時間だけだと思わせ相手の視野を狭くさせ、成功するにはニュースキンだけだという結論に持っていこうとします。(他にもニュースキンなら仲間も得られるなどとも言いますが、このあたりについてはまた別の機会に)

人は筋が通っているように感じると、話が本当かどうかの検証はせずに信じてしまいます。
ニュースキンなどのマルチ商法の会員が相手の場合は極論で話をしていないか、人として大切な要素を省いて話をしていないかを意識して聞くようにして下さい。
そうじゃないと、自分が本当に大切にしたいと思っていることから意識をズラされてしまうかもしれませんよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/01/25(月) 14:49:17 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

その通りです

仰る通り、ESBIが出てくるのは正確には2冊目のキャッシュフロークワドラントです。

同じように芸能人の○○がこういっていたとかいうのも真偽を無視してよく勧誘時には使われています。

多少の嘘や間違いはOKでとにかく勧誘が成功すればいいと考えているマルチ商法会員は非常に多いです。

  • 2014/08/24(日) 13:40:39 |
  • URL |
  • せんどうみつる #-
  • [ 編集 ]

genLOC STAR コンベンション 2017

本をキチンと読んでいる人はわかりますが、『金持ち父さん貧乏父さん』にESBIは書かれていません。ESBIは、続編の『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』に出てくるのです。
いかに上っ面な情報で伝言ゲームが行なわれているか、よくわかるエピソードです。

売上げは下がる一方で、2016年は過去21年間で最低の売上げになります。

支払われる報酬は、売上げに応じて分配されるので、平均して収入が減っているか、収入を得ている人そのものがいなくなっているのが数字からわかります。この数字はニュースキンから公表されている信頼すべき情報です。

■genLOC STAR コンベンション 2017
 2014年12月に東京ドームで、初の「北アジア リージョナル コンベンション 2014」が開催された。これには巧妙なトリックが仕掛けられている。

 ニュースキンジャパンでは、2006年まで東京ドームでジャパンコンベンションを開催していたが、売上げの減少とともに参加者数が減り、2008年以降はキャパシティの少ない横浜アリーナへ変更した。

 2014年の「第1回 北アジア リージョナル コンベンション 2014」は、日本と韓国が共催になった。売上げ規模では、全世界のうち日本が12.3%に対して韓国は18.2%と、韓国が日本を抜いている。日本の総人口は韓国の2.5倍あるのに、韓国の売上げは日本の1.5倍ある。超逆ザヤ現象だ。

 ちなみにニュースキンコリアでスキンケア製品を製造委託しているOEM工場では、生産能力が足りなくなり、2013年から世宗市に工場を増設し、大規模な生産ラインを稼動させ始めている。

 そんなわけで盛り上がっているニュースキン韓国のコンベンションを、日本の東京ドームで開催すれば満杯になる目論見だ。このように、売上げから日韓共同開催の事情が読み取れる。

 ニュースキンジャパンは2016年の売り上げが、過去21年来で最低となった。もはや日本だけじゃ東京ドームどころか、横浜アリーナさえ埋まらない。

 問題は次に行われる2016年の北アジア リージョナルコンベンションだ。コンベンションは、グローバルとローカルが一年おきに開催される。だから2015年はグローバルコンベンションで、2016年は第2回の北アジア リージョナルコンベンションになる。

 ところが日韓共同開催は前回のみの単発で、しかも2016年が2017年に延期されて「genLOC STAR コンベンション 2017」となる。東京ドームから横浜アリーナへと、ずいぶん規模が縮小したものだ。

  • 2014/08/23(土) 16:59:31 |
  • URL |
  • Android携帯からの投稿 #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nuskinsyakkinnotoko.blog.fc2.com/tb.php/9-4de2d29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。